仕事・お金

切迫早産から仕事復帰予定のママさんへ。復帰後にやっていたことやっておくべきこと

本記事では切迫早産から仕事復帰予定の方に向けて「実際に私が復帰した時にやっていたこと。やっておくべきだったこと」を綴ります。

とも
とも
こちらの記事にも詳しく書いていますが、私は安静生活中に2回仕事復帰しています。
切迫流産の安静解除から仕事復帰した体験談*復帰の目安は?本記事では 切迫流産や切迫早産の安静解除の目安がよくわからない 仕事復帰すべきか悩んでいる 安静解除されたが、...

1回目の復帰は初日の帰宅途中に大出血して、全く役に立たないまま再度安静生活に。

2回目の復帰は、復帰して1ヶ月程度で陣痛になりかけてそのままドクターストップで休職。

迷惑しかかけていないような仕事復帰でした(T T)

そんな経験でもどなたかの役に立つこともあるかも!?

ということで、私が実際に復帰した際にやっていたことややっておくべきだったと感じることを綴ります。

復帰後の生活でやっていたこと、やっておくべきだったこと

私が復帰後の生活でやっていたこと、やっておくべきだったと感じることをまとめていきます。

母子手帳は常に持参

母子手帳は会社に行くときも常に持参していました。

とも
とも
重たいから迷うんですよね

自分の名前、住所、夫の名前、妊娠中の経過や検査結果なども張り付けられてある。

万が一何かあって搬送された時もスムーズに対応してもらえるんじゃないか?

迷ったけれど、その万が一に備えて常に持ち歩く生活をしていました。

結局、恐れていた「仕事中に倒れて搬送される」ということはなかったけれど、お守りにはなっていましたね。

マットを持参してお腹が張ったら横にならせてもらう

アウトドア用のインフレータブルマットを会社に置かせてもらって、お腹が張ったら横にならせてもらいながら仕事をしていました。

とも
とも
こういうタイプのものです

というのも私は本当にお腹が張りやすくて。

15週というお腹が張るような時期でもないのに、5分くらい座っているだけでお腹がカチカチになって痛くなるような状況。

少し横になるだけで、硬くなった子宮がふわっと緩む感じがあったので、復帰時に会社にお願いしてマットをデスクのすぐ後ろに置かせてもらっていました。

出張はなるべく避ける

出張が多い仕事だったのですが、さすがに出張はなしにしてもらえるようにお願いしました。

最初はみんな気遣ってくれるのですが、復帰して2週間くらいしてくるとそれもちょっとずつなくなります(笑)

とも
とも
「あれ?仕事結構できるんじゃないの?」という空気になってくるんですよね

「仕事できます」ということで復帰しているのでそこは当たり前。

ただ「出張どうする?」と打診された時は、心を鬼にして出張はなくしてもらいました。

人から良く思われたい性格なので「行きますよ」と言いそうだったのですが、ここは耐えて良かったと思います。

遠方で万が一出産になってしまうと、都会でなかったら赤ちゃんが入院できる病院がないかもしれない。

仮にあったとしてもその地域のNICUで入院になってしまうしもっと大変。

とも
とも
万が一は起こりうるので「大丈夫だろう」とは考えない方が良いです

どでかい具入りオニギリが便利だった

お昼ごはんは家から具入りのビッグおにぎりを持参していました。

とも
とも
ごはん一善分にふりかけ+冷凍の唐揚げやお魚を挟んでラップで包むのみ

お昼休憩は持参していたマットの上で横になっておにぎりを食べていました(笑)

先日石垣島に旅行した際に現地グルメの「オニササ」というおにぎりに揚げ物をサンドしたものを食べたんです。

食べた瞬間切迫時代にタイムリープしましたね。

とも
とも
具入りオニギリは切迫の味です

帰りはグリーン車を利用

毎日帰宅する時はグリーン車を利用していました。

とも
とも
というのも、私の家は会社までドアtoドアで1時間半もかかる遠方。

朝は始発の鈍行でゆっくり座りながら都内に向かう。

帰りはグリーン車に乗ってダラーんと座ってお腹を平行に保ちながら帰っていました。

1ヶ月15000円くらいグリーン車代がかかっていましたが(T T)

とも
とも
とにかくちょっとでもお腹を緩める行動をしていましたね。

身体の声にはちゃんと従うべき

ここからは反省点。

やはり痛さや辛さは身体からのSOSなので、ちゃんと声に従うべきだと思います。

先程「グリーン車を利用していた」と書きましたが、それは2回目の復帰時。

最初に復帰した時は、いつも通り普通列車で帰宅していました。

とも
とも
そしてその際、電車で大出血しました。

股からジャーっと何かが出てきたと思ったら膝まで真赤に。慌てて着ていた上着を腰に巻いてトイレに駆け込みました。

いつものようにお腹がパンパンに張っていたのですが、

お腹がパンパンに張るだけなんじゃないのか?

毎回緩めなくてもただ張ってるだけで終わるんじゃないか?

お腹の張りの向こう側を知りたくなってしまったんですよね(汗)

とも
とも
どこまで大丈夫なのか把握しておきたいという感じでした

結果、無視してそのまま行動していたら大出血。

赤ちゃんが無事だったから良かったものの、やはりお腹の張りは危険。

身体がしんどい時はSOSを発している証拠なので、ちゃんと対応しようと思いました。

ネットスーパーよりも宅食に頼るべし

「ネットスーパーよりも宅食に頼るべきだった」という思いもあります。

私は切迫中ネットスーパーをメインで利用していたのですが、受取のタイミングが合わない時も。。

とも
とも
仕事帰りにスーパーにちょこっと寄ることもありました。

電車の乗り換え途中にあるスーパーだったのですが、ここで買い物をするだけで20~30分は時間が取られる。

そして買い物袋を提げてノソノソ持って帰る。

帰宅したら、簡単なものでも調理や洗い物、片付けをしなくてはならない。

家に何があったっけ?

ごはん何にしよう?

とも
とも
考えながらスーパーに寄るのはちょっと辛かった。

料理をするにしても、玄関先にミールキットを毎日置いてもらえる食材宅配のヨシケイを使ったり冷凍弁当に頼れば良かった。

たぶんそっちの方が食品ロスも少なくてお金がかからなかったのでは?とも感じます。

頼れるものは頼る。

先程の内容と重複しますが、もう仕事で限界まで来てるので

家事はできる限りサボる。

頼れるものは頼る。

とも
とも
これは大切

私は長女なのもあり、どうも甘えたり何かに頼ったりするのがすごく苦手なんですよね。

「大丈夫大丈夫~」が口癖だったりします。

だから切迫中も旦那にお願いするのも気が引けたし、家事代行なんてお金もかかるしもっての他!

とも
とも
ここはお腹のお子のため。もうちょっと甘えたりすれば良かったです

演技でも良いので旦那さんに「もう大丈夫」と思われないようにしてみるとか(笑)

家事代行が気が引けるなら、公的なサポート(産前産後サポートとか、ファミサポとか)でも検討すれば良かった。

その方が、もう少し心も体も健全に過ごせたかな?と思います。

無理は禁物です

「仕事復帰できる=切迫じゃなくなった」ということではなく、なんやかんや出産までうまく付き合わなくてはいけないものなのだと思います。

とも
とも
だから仕事復帰しても、無理はしないでくださいね

やっぱり体もメンタルも復帰した時はしんどかったです。

乗り換えの長い道のりを歩いている時に帰宅途中の旦那に会い、涙が出ました。

復帰したものの、お腹痛いし、でも残業しないと仕事終わらないし、冷ややかな目もあるし。

迷惑かけたくなくて復帰したくて復帰したはずなのに、迷惑はいろいろかけるし

何をしてるんだろう。。

泣いた記憶があります。

仕事はお金をもらう以上ちゃんとできることはやらなくてはいけない。

でも、隙間時間にすこし横にならせてもらったり、帰りは少しでも体の負担にならない方法を取ったり。

とも
とも
できることはあります

そして買い物も家事もなるべく何かに頼る。

仕事で頑張っているのだから、

仕事が終わったらもう帰るだけ。

帰ったら、食べてゆっくりするだけ。

今は、いろいろなサポートが充実しているので、頼れるところは頼ってうまくやってくださいね。

とも
とも
ご無理ないように。無事に赤ちゃんが生まれますように。

おすすめの関連記事

切迫から仕事復帰した体験談を詳細に綴っています。

切迫流産の安静解除から仕事復帰した体験談*復帰の目安は?本記事では 切迫流産や切迫早産の安静解除の目安がよくわからない 仕事復帰すべきか悩んでいる 安静解除されたが、...

簡単にできる食事の準備方法をまとめています。
自宅安静中の方に向けた記事ですが、復帰後の食事準備にも使えるアイディア満載です。

切迫早産で自宅安静時の食事の支度方法まとめ|実家遠方妊婦が選択肢を提案切迫で自宅安静時の食事に使える選択肢を、どこよりもわかりやすく網羅的にまとめました。「まずはどういった解決方法があるのか知りたい」そんな方の疑問をすっきり解決します。...

上の子のサポートで頼れる公的サービスをまとめています。頼れるところは頼って少しでもラクしてくださいね。

切迫早産時に上の子の預け先や送迎をお願いできる公的・民間施設・サービスまとめ本記事では「切迫流産や切迫早産時に上の子をお願いできる公的・民間サービス」をまとめてざっくり紹介・解説します。 SNSやWEB...