婚活前の心得

男ウケを狙うのが大嫌いだった私が変わった理由

男ウケを狙った女子が昔から嫌いでした。

そんなにかわいくないのに何であの子はモテるの?という女子、昔からいましたよね。

「あの子ぶりっ子やで。ぜんぜんうちらの前と態度違うで」と男子に言っても「別にそれで良くない?逆ににかわいいなって思う」なんて返された日には

ぐぬううううううううう!!!となっていた。

とにかく!男の前だと全然反応が違う子や、かわいくないのにモテる子に1人ムカついていました(笑)

ご察しの通り、私は素直ではなく。かわいいことが自分からできない女でした。

「ありのままの自分を好きになってもらわないと意味がない」と思っていたし、そんな表面上のまやかしに騙される男はこっちからお断りだと思っていた(ほんと私って何様(笑))

でも婚活をする中でそんな考えが間違いだったと気が付きます。

本記事は、男受け大嫌いだった私が変わった理由について綴っていきます。

ありのままの自分を知ってもらおうなんておこがましい

結婚生活においては「ありのままの自分でいられること」はとても重要で、ゆくゆくはそんな自分を知ってもらって受け入れてもらえたらとても幸せではあるのです。

ただですね。婚活市場ではそれは別。

まず興味を持ってもらわないと先には進めません。

数あるライバル女性たちの中から「あ、この子かわいいな。」「あ、もう少し話してみたいな」と思ってもらうには、やはり少しでも見た目を良くしたり、男性にかわいいと思ってもらう仕草ってすごく重要です。

変なプライドは不要!

私はここに気が付くのがすごく遅かった

まずこちらの記事にも書いたけれど、服装がやばかったよね。

自分が好きな服=婚活向きとは限らない28歳からゆるく婚活を始めた私が弟からもらった助言について書いていこうと思う。 単刀直入にいうと、私の服装についてダメだしを受けま...

そして、アプリ的なものに手を出した時も、まず写真からつまずきました。

「写真を載せるなんてダサイ」「本気と思われたくない」「会社の同僚にバレたらはずい」ということで、最初は写真なしで活動していたり(笑)

でも、あまりにも先に進めないので山登りした時の「歯むき出し笑顔」の写真を載せていました。

ただ、そうなるとですね。かなり年上の方からばかり声がかかるんです(私が30歳の時に声がかかったのは40代後半~50代が多かった。)

はあ~なんでだろう。うまくいかないなぁ。。と思っていました。

男ウケを狙うことに抵抗があった私が変わった理由

ただ、ここで私に神の気づきがおとずれます。

話は少しそれますが、私は当時、服飾雑貨の会社で働いていたんです。

主に中国の工場で生産したバッグやポーチを日本の量販店やブランドに卸していたのですが、日本の2~3万くらいするブランドのバッグも、スーパーで販売されているような2000円くらいのバッグも同じ工場のラインで生産されていました。

何だったら生地も同じものが使われていることもあった。

でも、ほぼ同じ商品なのに、パッケージとかブランディングで価格が全然変わるんです。そして実際高くても綺麗にパッケージされた商品は売れるんですよね。

スーパーのバッグ売り場で並べられていたら埋もれてしまうような普通のバッグやポーチも、そのブランドのショーケースでの見せ方とかコーディネートでオシャレに見える。

人に手に取ってもらうためには、同じものでも見せ方がとても大切

そのことにふと出張中の工場のラインで気が付いて(笑)日本に帰ってから、そそくさ写真を撮り直しました。

私は奥二重なのですが、アイプチでハッキリ二重にして、上目遣いでちょっとにこっとした我ながらかわいく撮影できた写真をアップ。

すると、男性からのお気に入りの数が激増しました。

同僚にこの写真見られたら恥ずかしいなという気持ちはあったけれど、やっぱり身をもって違いを体感しました。

実際、今の旦那さんに出会えたのもこの写真に変えた直後です。

まずは興味を持ってもらうために自分の見せ方を工夫しよう

男ウケを狙うことに抵抗があるのはわかりますよ。私もそうでした。

ありのままの自分を知ってもらいたいし好きになってもらいたいですよね。

でも、自分の存在を知らない人に興味を持ってもらうためには、相手の興味を引かないと何も始まりません。

手に取ってもらえないと自分を知ってもらうことすらできないんです。

男ウケを狙うことは「興味を持ってもらう」ための手段でしかない。

ぶりっ子も、天然ボケっぽい仕草も、男ウケしそうな服装も、かわいくメイクすることも、全部「興味を持ってもらうための工夫」の一部。

ぶりっ子は合う合わないがあると思いますが、自分に興味を持ってもらうために、自分の見せ方を工夫することはできる。

婚活アドバイザーの植草美幸さんによると、婚活男性の9割が女性の見た目を一番に重視するらしいです。

何となくそうじゃないかとは思っていましたが、数字にするとなかなか衝撃的なものがあります。

男ウケを狙う女子が大嫌いでしたが「あの子たち若いうちからわかっていたんだな」と思って今は超リスペクトです。

私のように素直になれなかったり、男ウケを狙うことに抵抗がある方。

持って生まれたものは変えられないけれど、できる限り自分をかわいく見せる方法を研究することはできます。

最初は抵抗があるかもしれませんが、まずは興味を持ってもらうために自分の見せ方を工夫してみてはどうでしょうか?

きっとそこから何か変わってくると思います!